身軽が落ちてきた。

自分の軸と暮らしのアウトプット

初心に戻る。

2ヶ月ほど前まで同じ職場で働いていた子とお茶をしてきた。

最近どうー?
職場なくなるー
まじかー(笑)

というまったり(?)とした会話の後、退職した後はなにしてたのー?の話題になった。

「そのことなんたけどねー。さて、これから私は何がしたいかって考えたの。初心に戻ってね。
自分が、これが好きだ・これがやりたいって思ってたことってなんだった?って。
そしたら、一番最初にこの職に就いたときの分野で役に立ちたい、もう一度やってみたいって答えが出たんだ~。
ってことで、面接行ってきて夏からそこで働くことになりましたー!」

行動早い!明確で気持ちいい!と心から思った。

この日、全然話題がつきなかった。
夢のこと、子供と環境、最近どんな本読んだ?などなど。
また来月、会うのが楽しみだ。


f:id:natsuhiroi0805:20190624212201j:plain



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

心と姿勢。

いつの頃からだか、湯船に浸かりながら丁寧に歯磨きするのが習慣になっている。
昨日もいつも通りそうしていたのだが、ふと気づいたら、ものすごくいい姿勢で歯磨きをしていたので驚いた。

湯船の中でピンっと背を伸ばし、座禅を組んでいるような姿だったのだ。

思わず「え?」と声が出てしまった。
いつもならゆるりと体をお湯にあずけているのに、これはどういうことなのか。

何故だろうと考えていたら「心と姿勢はつながっている」という言葉を思い出した。

この頃は、
未来のことを考えると楽しい
やりたいことが溢れてくる
これはどうだろうとアイデアが浮かぶ
それを現実にするためには何が必要か
などなど、考えていて楽しいことが浮かぶことが多い。

職場がなくなるという結構な局面の中でこれなのは、もともとの楽天的な性格もあるが、頭と心が整理されてきて、かつ前向きな証拠なのでは?だからこそ、無意識であの姿勢をとったのではないか。

もしくは、現実逃避。
と考察した。

どちらにしても、とりあえず楽しんでいこう。


f:id:natsuhiroi0805:20190619213201j:plain

友達が引き合わせてくれる言葉。

友達とおでかけ。

ランチをしてのんびり歩いていたら、とある広告を見つけた。

 MINIATURE LIFE展 2019 ~田中達也 見立ての世界~

これ!やってたの?!と驚く友達と、その友達に驚く私。
ひよっこ」のオープニングだよ!覚えてない?と聞かれ、あー!あの可愛くてきれいなやつ!と思い出した。

私にしては珍しく最後まで視聴した番組で、元気と優しさを貰える素敵なドラマだった。
その連続テレビ小説ひよっこ」のタイトルバックを担当された、田中達也さんの作品の展覧会が行われていたのだ。

これは行くっきゃないってことで会場へ直行した。

数々の作品を眺めながら面白くてクスッとしたり、その視点があったか!と感心したりと最後まですごく楽しかった。

そして出会った言葉。
f:id:natsuhiroi0805:20190616211617j:plain


なぜか、心に留まる言葉と引き合わせてくれる友達。
本当にいつも怖いくらいタイミングがいい。

この出会いを無駄にしないように、しっかりと思考の血肉にしよう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

焼き鳥と決意。

行きつけの焼き鳥屋さん。

夕方にお店に入っていつものカウンターへ。

f:id:natsuhiroi0805:20190615123125j:plain

ハキハキさっぱりとした姉さんと、ゆったりとした喋りの中に力強さと筋を感じさせる物知りの大将。

話題は、
人生の選択、自営と雇われ、氷河期世代、子供の遊び場と行政の矛盾、良い土地悪い土地、メガソーラーってどうなん?、空き家問題、仕事とこれからの計画などなど。

どんどん転がる話題やこちらの疑問にも、知識と経験、それを踏まえた自分の考えを織りまぜて応えてくれる。
その様にいつも感じ入ってしまう。

そんな中、ひとつのショッピングモールの話を私が振った。
そのモールは、車で駐車場に入るのに長いときで一時間近く待つようなとても流行っているところだった。
それが今は見る影もなく、空き店舗だらけなのだと言う。その話を私にしてくれた人は「あれは廃墟だよ」と言っていた、と。

それに対して大将はこう言った。

「新しいものが出来たとしても、それは必ず古くなる。モールもカフェも人も。その中で、若い人はどうする?その子達にとって、目の前にあるものは新しくもないし、日常にあるもの。
したら、やっぱりそこから出ていくよね。そんで人が少しずつ離れていく。モールも廃墟になる。
だからと言って他に買い物できる商店街があるか?ないよね。だってモールが潰したんだから。そいでまた人が出ていく。元の寂れた地域に逆戻りだよ。交通の便が悪いと特にね。」

そして大将のこの言葉が胸に刺さった。

「ものごとって巡って元に戻るようになってるんだよ

すごくゾッとしたし、納得もした。
自分の地元でもそれを感じることがあったからだ。

そんなこんなを話していたら日付をまたいでしまった。
長居して申し訳ないことと、いつもありがとうの気持ちを伝えてお店を出た。

私には考えなきゃいけないというか、考えたいことがたくさんだ。
そのためには知識と経験を増やさねば。

小さな決意をした雨の夜だった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

私の選択。

職場がなくなるので無職になる。

さて、どうしようと考えた。
まずは今の職を続けるか否か。

高校生の時に、この職に就いて自立しようと決めた。勉強しながら働いていく内に、すごく面白くて大好きになった。

なんだかんだクセのある人が多い業界なので、人間的に揉みくちゃに揉まれたように思う。
私の変化に「あれ?あなたそんな子だったっけ?」と良い意味で親が一番びっくりしていた。

もちろん嫌なことも沢山あった。
ご飯が食べれなくなる、明日のことを考えると寝れなくなるなんて日常茶飯事。自分の「出来ない」に対策を立てることすら出来ない時もあった。

それでも、その職で働いてるし働けている。
そして今、幸せ。

この職で食べてこうと選択して、その選択に対して努力した過去の自分を誉めてあげたい。

そんな風に思えるようになったのは、少しだけ余裕が出てきたからだろうか。
だからこそ、今までとは全く違う「職」への興味が絶えないのだろうか。

考える時間はまだある。
未来の自分が今の自分を誉めることが出来るように、まずは選択からだ。


f:id:natsuhiroi0805:20190615211544j:plain




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

片付けと小さな変化。

今年のゴールデンウィークは、怒濤の片付けラッシュだった。

10日間まるっとお休みで、前半は日常の家事以外何にもせず、ソファーでゴロゴロしながら猫画像を漁っていた。
だけど、天気が良くなった後半、パチッと片付けたいスイッチがはいった。

クローゼットの中身を全部だして、使うもの使わないもの、必要なもの必要じゃないものを頭をフル回転させて考え、分けていく。
この家に越してきて、片付けたい欲の大波小波の中、その度に仕分けしてるはずなのに、何でこれとってあるの?ってものが出てくるのは本当に不思議だ。

それでも、少し前の自分がとっておいたものに、何でこれを?と思えるのは、自分の価値観がほんの少しずつ刷新され、かつ簡素化してきている証拠なんじゃないかと思うと、楽しい。






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ここまで身軽になるなんて。

夏に職場がなくなります。

少し前に「これはもしや…」ということがあって、さぁさぁどうなると思っていたら、結構あっさりとなくなることが決まった。

そして、私も職場のみんなも「なくなるなら仕方ないねー」とあっさり。
身の振り方は各自で考えてすぐに行動に移せば、何ら困らない人達だ。
旅行の予約、入れちゃった~とすでに先の楽しみを作った人もいた。

びっくりはしたけれど、不安や焦りがないのは、何か腹が決まっているからだろうか。
とりあえず、流れのままに身軽になりそうです。






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村